楽天カードで楽天証券の投信積立を始めてみた

昨月、月末から楽天カードによる支払いで投資信託積立ができるようになったので、早速、積立を始めてみました。

月の上限額は、5万円までです。

月の積立額に対して、カードの券種に関係なく(一般、ゴールド、プラチナ等同じ)、1%の楽天ポイントが付きます

もっと有効な運用の仕方があったり、素敵なキャンペーンが始まるかもしれませんが、株式市場の雲行きが怪しい、かつNISA枠を使い切った証券口座のお金の行き場の一つとして、そして、何より物珍しさということで。

ちなみに、eposカードも投信を積立てられるtumiki証券というサービスをはじめました。詳しく調べてみるとわかりますが、こちらは投信が4種類しか選べず、カード利率も0.1~0.5%しかつきません。

楽天投信の投資先は、先進国債券など、ほぼほぼリスクも、リターンもないところに入れています。現金が必要になったら値上がりしてても、値下がりしてても、解約しやすいです。

そして、今回の気づき。
先月に楽天カードでキャンペーンがあった都合、自動リボにしていたのですが、この投信の積み立て金額は、自動リボにはならない、ということがわかりました。