楽天(4755)の株は買いか?

楽天(4755)の株主優待が変更されましたね。

楽天カードや楽天payについて、データセンターが原因により、月末に障害が発生するなどの問題があった楽天(4755)ですが、携帯事業の参入などで成長性を感じる一方、同時に多額の設備投資やその進捗自体について不透明さも感じる銘柄です。

日本のIT企業としては、ヤフー(4689)やLINE(3938)などと肩を並べ存在感がありますが、その株式は買いでしょうか?

まず、売上高は比較的堅調に推移しています。

バフェットコードから引用

一方、営業利益(率)は年ごとにまちまちで、ビジネスの安定感を感じられません。

バフェットコードから引用

こうした状況を受けて、株価自体&株価の割安(割高)感を表すPBRは、ダウントレンドです。

株価5年分 yahooファイナンスから引用
PBR3年分 バフェットコードから引用

株価が下がっているのは、先に述べた営業利益&下記のキャッシュフローが安定しない点が理由であると考えられます。

キャッシュフローとは、掛取引や買収した子会社の評価益などを含めず、実際に出入りした現金を表しますので、ここが正常に推移していない現状は、事業の継続性を適切に評価することが難しいと言わざるを得ません。

特に本業の営業キャッシュフローが年によってまちまちです。これは、株主としては、将来の予測が付きづらく、株式の購入を控えさせてしまいます。

さて、その営業利益の部分について、もう少し詳しく見てみます。
楽天(4755)は、何で稼いでいる会社でしょうか?

楽天(4755)決算資料より引用

実は、国内のEC事業と同じ程度、Fintechセグメント=金融事業の売上があることがわかります。
さらに、まだまだ投資が膨らんでいるEC事業に比べ、金融事業の利益が大きいことがわかります。

その中でも特に稼ぎ頭となっているのが、楽天カード事業です。
とくに、楽天カード利用者のリボ残高は増え続けています。

楽天(4755)決算資料より引用

ショッピングとキャッシングのリボ残高を足すと、634億円の残高があり、仮に貸し倒れなしで年利15%として収益をあげているとすると、年間95億円がリボによって入ってくる計算となります。
これは、おそらく楽天全体の年間の一般管理費・販促費に近い金額と思われるため、年間のマーケティング費用を楽天カード事業でまかなっているといっていいでしょう。

さて、今回、障害発生などで問題となったのは、この楽天カード事業です。
ここでモブワン的には、楽天カードの障害が起こった際の楽天(4755)のプレスリリースの書き方が気になりました。(下記は楽天カードサイトの表示)

原因が取引先である九州電力系データ会社の問題である、ということを示したかったのでしょうが、それを利用者に対して全面に示す書き方がモブワン的には非常に気になります。
利用者にとって、障害の責任は一義的には楽天自身にあり、その対応に取引先名を大きく掲載することには事業に対する責任体制について違和感があるからです。

投資家は、種々ある情報のうち、特にガバナンス情報についてセンシティブになります。
楽天の生命線であるカード事業において、こうした記載をすることを許したガバナンスについて株主・投資家はネガティブな反応を示しかねません。

一方で、明るい材料として、楽天(4755)のMNO事業が非常に低価格で魅力あるプランである可能性があることがあります。

モブワンの直感ではありますが、まだまだ経営体力がある楽天(4755)はおそらくMNO事業もいずれ軌道に乗るとは思っています。しかしながら、それはしばらく先のことであり、不確実性も大きいでしょう。

以上から、短期的には、事業の成長持続性やガバナンスについて疑義があり、楽天(4755)の株式は売りであると判断します。

一方で、現在の株価は上記のネガティブな状況を含んで、(最安値ではなさそうですが)底に近いとも考えられます。

投資資金に余裕がある方については、MNO事業が軌道に乗るまでを見越して5年程度の長期保有ができるのであれば、仕込みの時期であり、購入・放置することも投資戦略としてはありうるかもしれません。

LINE(3938)は今、買いか?

LINE(3938)がデリマでLINEポイントを使用すると、50%還元キャンペーンをやっています。

また、LINE証券では、時期指定ではありますが、株式について、7%割引という条件によっては数万円のディスカウントとなる大幅割引が行われています。

こうしたキャンペーンが多いのは、LINE(3938)ユーザーとしてありがたい限りですね。

さて、最近、Zホールディングス(旧ヤフー(4689))(4689)と経営統合を発表したLINE(3938)ですが、その株式は買いでしょうか?

図表はバフェットコードから引用

売上は、結構順調な形で推移していますがご承知の通り、販促費などが膨らんでおり、利益の圧迫が大きいです。

図表はバフェットコードから引用

毎年の負債がそのまま販促費・一般管理費に消えているような状況です。
現状では、売上上昇のスピードを上回る投資が行われているというのは、まあメガベンチャーとしてはある種、適切な経営に思えます。

さて、こうした成長を見込んだ会社にとって、重要なのは、今後の成長余地です。

LINE(3938)が成長分野として戦略事業にあげているLINE Payですが、各社の競争が激しく、またpaypayの一人勝ちの様相を見せ始めました。

また、同時に力を入れ始めたLINE証券や仮想通貨事業がありますが、これはLINE Payより数倍収益化が難しい事業であるように思います。
LINE は老若男女、お金持ちも非お金持ちも消費者に浸透しているがゆえ、LINE Payを通じて、企業広告などの収入が見込めるものの、金融事業はそうしたコミュニケーションツール部分とのシナジーを生みづらく、利用率の爆発的な上昇は見込みづらいです。

また、今後は、これまでほどの大規模キャンペーンを打つ余力や出資元はおそらくはLINE(3938)単体にはないものと考えられます。

Zホールディングスとの経営統合で株価はふきあがりました。
これは、paypayやソフトバンクとのシナジーを期待する今後の成長を反映したものですが、逆に言うと、今後しばらくは、これを超えるインパクトのあるニュースがなければ、LINE(3938)の企業価値があがる材料はないと考えられます。

さらには、統合発表前後で株価は、4500円程度から5200円程度と15%程度に上昇しています。
これは明らかに現在のLINE(3938)の評価としては過大であると考えられます。

したがって、今後のLINE(3938)は現在の株価からゆるやかに低下していくことが考えられます。

今後の株価予測としては、現在の株価と統合前の株価の平均程度に回帰することが考えられ、4800円前後に落ち着くのではないでしょうか。

判断としては、当面のところは売りであるように思います。

ただし、株価が落ち着いたところで、買いを入れるというのは、十分あり得るでしょう。

楽天カードで楽天証券の投信積立を始めてみた

昨月、月末から楽天カードによる支払いで投資信託積立ができるようになったので、早速、積立を始めてみました。

月の上限額は、5万円までです。

月の積立額に対して、カードの券種に関係なく(一般、ゴールド、プラチナ等同じ)、1%の楽天ポイントが付きます

もっと有効な運用の仕方があったり、素敵なキャンペーンが始まるかもしれませんが、株式市場の雲行きが怪しい、かつNISA枠を使い切った証券口座のお金の行き場の一つとして、そして、何より物珍しさということで。

ちなみに、eposカードも投信を積立てられるtumiki証券というサービスをはじめました。詳しく調べてみるとわかりますが、こちらは投信が4種類しか選べず、カード利率も0.1~0.5%しかつきません。

楽天投信の投資先は、先進国債券など、ほぼほぼリスクも、リターンもないところに入れています。現金が必要になったら値上がりしてても、値下がりしてても、解約しやすいです。

そして、今回の気づき。
先月に楽天カードでキャンペーンがあった都合、自動リボにしていたのですが、この投信の積み立て金額は、自動リボにはならない、ということがわかりました。