au wowma 12/1〜2/1のポイントアップキャンペーンは未使用アカウントの方がおトク

au wowmaにて、スマートパスプレミアム会員向けに還元率が20%となるキャンペーンが実施されています。

しかしながら、このキャンペーン、還元率の中身がいまいちよくわかりません。ということで少し解説してみたいと思います。

まず、公式サイトには、以下のように注意書きがあります。
※1(略)
※2:お買い物特典プログラムのポイントプレゼント、通常のお店からのポイントと合計して、購入金額の20%分のポイントをプレゼントします。総額には、送料及び手数料(手数料には、有料オプション及びギフト手数料を含みます。)は、含みません。
※3(略)
※選べるお買い物特典の選択状況に応じて、ポイント還元率が異なります。

結局、どのように購入すると、20%還元されるのでしょうか?直感的に読み取りづらいかもしれません。

通常のお買い物時の還元率からおさらいしましょう。

au利用料割引を選択時:最大10%割引
誰でも 1%
会員ランク問わず 1%
アプリからの購入 1%
スマパスプレミアム 2%
WALLETクレカかんたん決済1%

ポイント還元を選択時:最大15%還元
会員ランクに応じて 1~5%
アプリからのご購入 1%
スマパスプレミアム 2%
WALLETクレカかんたん決済5%

これとは別に
お店からのポイント 1%
WALLETクレカ←(他のクレカでも同じ)1%
還元があります(通常ポイント付与)

さて、今回のキャンペーンは、これと何を合わせて20%となるのでしょうか?

答えは、現在のお買物ランクがいくつであろうと、20%になる!です。

たとえば、wowma会員になりたて、walletクレカも持っていない、スマパスプレ会員、アプリも経由しない場合は、
利用料割引選択:4%
ポイント還元選択:4%となります。

しかし、このキャンペーンを利用すると、元の還元率がいくつであっても、合計値は常に20%になります。よって、上記の場合のキャンペーン還元率は+16%となります。

一方、お買い物特典が進んでおり、従来、10%還元を受けているアカウントの場合、特典の還元率は+10%となります。
要はキャンペーン分の還元率が下がってしまうのです。

また、接続料の割引を選んでいた場合、通常は、MAX10%までの還元しか受けられないのに対して、このキャンペーンでは、20%まで還元率があがるため、接続料を選んだほうが還元率があがるケースが多いです。

ただし、ポイントの上限額が月間2000ポイントと決まっているため、これを見越して月のお買い物を調節する必要があります。

キャンペーン特典の恩恵を最大限受ける+16%還元のケースでは、月12,500円のお買い物で上限に達します。
なお、32,978円のお買いものに対して、キャンペーン特典を最適化するためには、もともと6%のアカウントでお買い物をすることが推奨です。

以上をよく勘案して、年末年始のお買い物を楽しんでください!

楽天(4755)が2019年度の売上ランクを公表

楽天(4755)が2019年度に最も売れた商品ランキングを発表しました。

ここで売れているものは、今後の売れ行き商品をチェックするうえで、ぜひ抑えておきたいですね。
楽天(4755)市場本体のランキングは割と見慣れた商品が並んでいるのでサプライズはないのですが、今年から、楽天roomで売れた商品も掲載されています。

下記の通り、食品や雑貨、アパレルが売れているっぽく、女性消費者をターゲットとした新たなアフィリエイト型SNS?としての 楽天(4755)の狙いを達成しているようです。

1位粉屋のパンケーキミックス /こだわり粉屋
2位コスミックエンザイム /酵素飲料(エンザイム)の専門店
3位yukiさんコラボ スタイリスオニオン ビーズクッション /ハナロロ クッション・ソファの店
4位フォンダシオン・ルイ・ヴィトン キャンバス・トートバッグ / MOTIF.
5位アイリスオーヤマ KITCHEN CHEF( ダイヤモンドコートパン 12点セット) /キッチン・雑貨の店 ラクチーナ!
6位フロアタイル(サンゲツ) / E-スタート
7位Hinaさんコラボバックティヤードフーディー / Myu楽天市場店
8位スパンデックス混紡スキニーコットンパンツ /DHOLIC【ディーホリック】
9位こんにゃくラーメン /低糖質・糖質制限の快適空間222
10位3年おやこ日記 /学研ステイフル 楽天市場店

また、ラクマのランキングを見ると、なかなかにきな臭い商品が並んでいます。

売れない・客がいないとの評判もあるラクマですが、手数料のやすさから高額アパレルなどの書いては多いようです。

また、堂々とNintendo Switchが入っているのも目を引きます。

順位ブランド名
1位Nike
2位Supreme
3位CHANEL
4位UNIQLO
5位Adidas
6位LOUIS VUITTON
7位Nintendo Switch
8位防弾少年団(BTS)
9位iPhone
10位Apple