回線を整理するときにはワイモバイルを使おう

かつてイーモバイルでは、2台目以降の契約端末について、6ヶ月以降の契約解除料が免除されるというキャンペーンを行っておりました。

ワイモバイルに移行したあとは、しばらく、このキャンペーンが行われていなかったのですが、10月8日より、「家族割引サービス」というので、ほぼ同等のサービスがおこなわれています。

このサービスは、「(1回線目:主回線)の家族(本人でも可能)がワイモバイルのスマートフォン、ケータイを当社指定プランでご契約いただいたくと、ご家族のかた2回線目以降(副回線)の基本料が、スマートフォンの場合は500円割引」になるというのが主な割引ポイントなのですが、提供条件書をよく見ると「契約解除料免除」されるという旨の記載があります。

したがって、2年契約した回線などをすぐに解約した場合でも回線契約解除料は発生しません。
よって、仮にMNPした翌日に契約解除しても解除料は発生しないというサービスです。

ただし、現在MNPしたほとんどの場合、「のりかえサポート」というのが適用され、これは、6ヶ月以内に契約を解約すると、契約解除料(20,000 円(税抜))が発生します。この部分の解除料は免ぜられないというポイントがあります。

短期解約による影響も考えられますので、6ヶ月利用してから、副回線から契約を解除していけば、回線の整理に使えそうです。

なお、ワイモバイルの契約解除の影響がソフトバンクの契約などにも影響が派生するかという点については、次回のブログで扱ってみたいと思います。