ドコモ新プランで音声←→データの切り替えについて聞いてみた

ドコモの新プランの予約が始まり、実施がすぐそこまで来ています。

今までは、回線を維持しておくためには、パケット定額サービスなどを外した音声回線にしておけば、最低額にすることができました。

しかしながら、新料金では、Xi向けのカケホーダイプラン(スマホ/タブ)では、2,700円
Foma向けのカケホーダイプラン(ケータイ)でも、2,200円がかかり、高額です。

そこで、最低維持に向いているのが、データプラン(ルーター)の1,200となっています。
現段階でドコモに聞いたところでは、音声回線から、ルーター向けデータプランへ変更するには、ドコモショップなどでルーターを持ち込み、契約変更を申し出る必要があるようです。
(ここらへん、フォトプランのように実際の運用はかわってくるかもしれません。)

こうした音声←→データ間の契約変更を行った場合、旧料金プランでは、2年縛りの経過期間やご愛顧割における端末利用期間がリセットされてしまいますが、この点、ドコモに問い合わせてみました。

回答は、やはり2年縛りの期間も端末利用期間についてもリセットされてしまう模様です。
なお、手数料はかかりません。

したがって、最低料金で維持している回線については、ご愛顧割を適用して端末を購入するのはなかなか難しそうです。

また、維持料金を低くするためには、月々サポートを活用する方法もあります。
これまでは、指定のパケット定額サービスに加入している必要があったのですが、今後は、パケットシャアプラン及びシェアオプションに加入する必要があります。

そこで、少しでも維持費を安くするために、一人向けのパケットプランである「データSパック/データMパック」を音声回線複数で分け合う形でシェアオプションが使えないか確認しました。

こちらの回答は、ノー。
音声だけでは分け合えず、複数の回線を「データSパック/データMパック」でシェアオプションを組むには、2回線目がデータ回線(データプラン(スマホ/タブ)、データプラン(ルーター))である必要があります。

また、かつてフォト化と呼ばれたフォトパネルプランへの変更ですが、こちらについては、HPにはっきりと次の文章があります『「カケホーダイプラン/データプラン」と「デバイスプラス」間のプラン変更はできません。』
したがって、フォト化による料金の低減はできませんね。

また運用が始まると変わる話もありそうですが、現状わかっている情報は以上です。