(一部訂正)au ウォレットについて現状わかっていること

1.auポイントプログラムの移行措置であるということ

5月以降は、auのケータイを利用してもauポイントがつかなくなります。
その代わりにこのウォレットを作成することで、auウォレットポイントを貯めることができるようになります。

2.au idひとつにつき1枚作成できる
つまり基本的には、電話番号一つにつき1枚のウォレットカードを作成できます。
また、au idは複数の電話番号を統合して一つのアカウントに集約することもできますので、この場合は、複数のケータイの利用料金に対するポイントが1枚のウォレットカードに貯まることとなります。

また、もともと別々にウォレットカードを作成し、ポイントを別々に貯めていた場合もこれを1枚に集約することもできるということだそうです。

3.ケータイを解約してもウォレットカードは残る。
ウォレットカードの有効期限は、5年間なので、この間は、ケータイを解約してもカードは手元に残ることとなります。

4.ウォレットカードには、ポイントを充当することで、チャージができる。
ウォレットの残高は、自らauショップで現金で入金したり、ケータイの使用料金で溜まったポイントを充当することで増やすことができます。
また、auケータイの機種変更等にも利用できるとのこと。

5.使えるところは、基本的には、マスターカードが使えるところ。
つまり、楽天やアマゾン、コンビニなどでも使用するできます。
ただし、ガソリンスタンド/高速道路料金/auなどの各種通信料金や公共料金に対しては利用できません。
(このうちauの利用料金については、2014年8月以降からは適用できるようになるそうです。)

なお、キャンペーンとして、セブン-イレブンの使用があげられていますが、ナナコの購入及びナナコギフトの購入はできません。
なぜならば、ナナコギフトの購入は、マスタカードのSecure Codeという機能が必要なのですが、これがauウォレットには備わっていないからです。
同様にこのセキリティが求められるサイトでは使用できないものと思われます。

6.キャンペーンを有効活用する

その1
派手に宣伝していますが、このカードは発行した時点で1,000円の残高があります。
ただし、お申し込み後2週間以内(予定)に付与されるので、申し込み直後にケータイを解約やMNPをした場合は、このポイントが付与されません。

その2
auじぶん銀行からチャージすることで、初回10%増額されてチャージされます。なお、1回のチャージ額は最大2.5万円まで
です。

また、月10回までは5%増額されてチャージされます。
よって、初回のじぶん銀行からのチャージは、この5%増と10%増を合わせて特典が受けられるので、、15%増額になります。
チャージの上限額は、10万円なので、8回分10万円のチャージを行うと、3,750円+1,750円✕7回で合計16,000円分のチャージを手に入れることができます。(この増額16,000円は、上限10万円の対象外)
ケータイの契約が5台あり、idが5つあれば、それぞれこの恩恵が受けられなので、総額8万円のチャージを手に入れられます。

(以下訂正含め、解説です。)
5%増のチャージは、ウォレットカードの残高の上限である10万円までしか特典を受けられない、とのことです。

よって、最適なチャージの仕方は、
0回目1,000円
1回目25,000円 +3,750円キャンペーンチャージ
2回目、3回目 25,000円 +1,250円キャンペーンチャージ ✕2
4回目16,905円 +845円キャンペーンチャージ

以上で、カードの上限100,000円に達します。
また、この場合、キャンペーンで得られるのは、1枚あたり8,095円となります。

よって、5カウント分ウォレットカードを作れば、キャンペーンで総額40,475円のチャージを手に入れられます。

また、この場合、459,525円の現金が必要です。

その3
4万円プレゼント
合計1万人に対して自動抽選が行われ、4万ポイントがプレゼントされるそうです。
ただし、抽選期間及び付与までの期間にケータイを解約していた場合は、ポイントはプレゼントされないとのことです。