【訂正記事】のりかえサポートのパケット定額サービスを変更した場合について

昨日、11月8日からソフトバンクAndroid機がものりかえサポートが適用にとの記事をあげたところですが、文中に「乗り換え一括0円でキャッシュバックがついている場合でも、パケットフラットを維持しなければいけません」と書いておりました。

これは誤りで、パケット定額サービス(フラット)を二段階性にしても、一括で支払った場合等で違約金は発生しません。
但し、毎月のポイント付与などの特典を選んでいた場合は、これがストップしてしまいます。

なお、違約金がかからないことについては、メールでの問い合わせ及び実際に手続きを行い、確認しております。

以上、訂正いたします。申し訳ありませんでした。