モブワン流② 一括MNPでiPhone5″c”を買ったら、一番どこが安いの?

さて、先程の更新と同様、iPhone5cについて、一括で購入し、学割を適用しつつ、1年ぐらいの使用期間で終わるというケースについて、管理人なりに計算してみようと思います。

1.iPhone5c 16GBの場合
○ドコモ
MNPの場合、量販店等(ビックカメラ)で4万円割引と仮定。かつ学割適用。
・手数料 15,225円
・端末代 (60,480-40,000)=20,560円
・利用料 (1,680×12)=20,160円
・リセールバリュー(現在のiPhone4sの中古から-4,000とする)ー19,000

合計 36,965円(非学割 49,565円)

○au
MNPの場合、カメラのキタムラで2.5万円割引+1万円公式キャッシュバックと仮定。U22割が適用できないものとする。
・手数料 15,225円
・端末代 (63,000-35,000)=28,040円
・利用料 (3,570円×12)=42,840円
・リセールバリュー(現在のiPhone4sの中古から-4,000とする)ー19,000

合計 67,105円(U22割適用の場合は54,505円)

○ソフトバンク
カメラのキタムラで学割一括4,800円と仮定
・手数料 15,225円
・端末代 4,800円
・利用料 (2,520×12-10,000)=20,240円
・リセールバリュー(現在のiPhone4sの中古から-4,000とする)ー19,000

合計 21,265円(非学割 38,865円)

この前提では、いち早く安売りを開始したソフトバンクが抜群に安いですね。
ついでドコモが安いという感じです。
auは現時点では割引や一括価格の割引がイマイチなので、高止まりしてますが、年末にかけてはかなり状況も変わってくるかもしれません。

モブワン流① 一括MNPでiPhone5″s”を買ったら、一番どこが安いの?

iPhoneが発売されて半月が経ち、iPhone5cでは、ちらほらと安売りが出てくるようになりました。

こちらのブログを御覧になっている方は、分割で端末を買うことよりも、一括で購入し、学割を適用しつつ、1年ぐらいの使用期間で終わるというケースが多いかと思います。

よって、今回は、まずiPhone5sの16GBをMNPかつ学割購入し、1年間メイン使用し、セールバリューまで考慮した場合のケースについて、管理人なりに計算してみようと思います。

1.iPhone5s 16GBの場合
○ドコモ
MNPの場合、量販店等で2万円割引と仮定。かつ学割適用。
・手数料 15,225円
・端末代 (70,560-20,000)=50,560円
・利用料 (1,785×12)=21,420円
・リセールバリュー(現在のiPhone5の中古同等とする)ー34,000

合計 53,205円(非学割 65,805円)

○au
MNPの場合、量販店等で2万円割引と仮定。U22割が適用できないものとする。
・手数料 15,225円
・端末代 (68,040-20,000)=48,040円
・利用料 (2,940×12)=35,280円
・リセールバリュー(現在のiPhone5の中古同等とする)ー34,000円

合計 64,545円(U22割適用の場合は51,945円)

○ソフトバンク
・手数料 15,225円
・端末代 (68,040-20,000)=48,040円
・利用料 (1,890×12)=22,680円
・リセールバリュー(現在のiPhone5の中古同等とする)ー34,000円

合計 51,945円(非学割 64,545円)

こうして考えると、iPhone5の場合は、当たり前ですが、U22が適用できるか否かでauが1万円近く変わりますね。
その差を埋める通信環境がある可能性もあるので、どれを選ぶのかはやはりユーザー次第や溜まっているポイントなどでも違うかと思います。

特にソフトバンク、auでは、他の回線で乗り換えを申し込もうとすると、ポイントを貰えることもありますので、こうした点を踏まえてもまた状況は変わってくるかもしれません。

次の更新では、iPhone5cについて考えてみようと思います。