auが36ヶ月割賦、毎月割制度を開始→実質的には値上げに

本日から正式にauの毎月割の制度が変更されました。
基本的にはiPhoneを除くandroid機種に36ヶ月払いと36ヶ月式毎月割が追加され、18回払いが廃止された模様です。

現時点ではプレスリリース発表やオンラインショップへの価格記載がされていないため、価格情報が確認できません。
今後、毎月割一覧表を改訂して、詳細を比較ができるようにしたいと思います。

さて、注意点は次の二つです。

1.毎月割金額は、総額では36ヶ月式の方が高くなるが、各月では24ヶ月の方が金額が高い。

2.各端末の24ヶ月式の毎月割は2月18日までの金額と比べ、315円減額。
ただし、スマートパス(390円)に加入すると毎月割が315円増額する。
つまり実質的に315円分×24ヶ月=7,560円の値上げとなります。

ちなみにスマートパス加入による毎月割増額の判定は、月末の加入状況で判断されるようです。

これは、本日から端末価格と通信費の実質的な値上げと言っていいのではないかと思います。
あとは、これが店頭で強制される制度かどうかというところですね。
その場合、短期利用者にとっては、端末価格が上昇し、キャッシュバックは減額する、という悪影響が考えられます。

良い影響があるとしたら、白ロム価格が多少上がるかもしれない、というぐらいでしょうか。