iOS6.1でau iPhone4Sの通信環境が向上するかも

後追い記事で恐縮ですが、iOS6.1に関するお得な情報をお知らせします。

iOS 6.1へのアップデートでau版iPhone 4Sの対応周波数が拡大?
マイナビニュース

記事によると、au向けiPhone 4Sの2GHz帯の周波数帯域について、iOS6.1にアップデートすることで、従来の15MHz幅×2の帯域から20MHz幅×2へと利用帯域が拡大するとのこと。

これにより同じ場所でも多少通信速度が向上したり、混雑による通信速度の低下が避けられるかもしれません。

ただし、同帯域は既に屋外や平野部を中心に使用されている帯域であり、また全く新たな周波数を取り入れた訳ではありませんので、いきなり建物内の電波状況が改善したり、これまで電波が入らなかった箇所に電波が入るようになるわけではないかと思います。

なお、iPhone5は既に同帯域の拡張処理について対応済みとのことです。

管理人のiPhone4Sも心なし調子がよくなったような気がします。

あえてiOS5で留めてる方以外はアップデートしておくと良さそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA