ソフトバンクiphone5を6ヶ月寝かせておくにはどのプランが最適なのか

昨年12月1日より、ソフトバンクでは「のりかえ割」に変わる割引キャンペーンとして、「スマホタダ割」が始まりました。
これは、ipad miniが実質タダで手に入るキャンペーンとして有名ですが、オプションとして、基本料の割引プランとして選ぶこともできます。

そこで、この活用も検討しつつ、ソフトバンクのiphone5を6ヶ月間寝かせておくにはどのプラン選択が最も安くなるかについて考えてみようかと思います。

結論から言うと、最も安くなるのは「二段階プラン+銀sim化+スマホタダ割[月々割適用](合計 6,760円)」となります。

ちなみに前提条件として、iPhone5の二段階プランについては、銀sim化して、プラン変更しても違約金はかからないというメリットを考慮しています。

※一部修正。スマホ割は最短で適用が加入月の翌々月になるので、その点反映しました。

◇iphone5の場合

1.フラットプラン+スマホタダ割(合計 22,550円)
ホワイトプラン基本使用料 980円✕(6-4)=1,960円
S!ベーシックパック 315円✕6=1,890円
パケット料
<加入月>パケットし放題 for 4G LTE 2,100円✕1=2,100円
<翌請求月以降>し放題フラット for 4G LTE 5,460円✕5=27,300円
月々割 -2,140✕5=-10,700

2.フラットプラン+銀sim化[月々割適用](合計 10,680円)
ホワイトプラン基本使用料 980円✕6=5,880円
S!ベーシックパック 315円✕6=1,890円
パケット料
<加入月>パケットし放題 for 4G LTE 2,100円✕1=2,100円
<加入月以降>パケットし放題S 390円✕6=2,340円
月々割 -1,710円✕5=-8,550円
sim発行手数料 1995円

3.フラットプラン+銀sim化[月々割非適用](合計 10,290円)
ホワイトプラン基本使用料 980円✕6=5,880円
S!ベーシックパック <加入月>315円
パケット料
<加入月>パケットし放題 for 4G LTE 2,100円✕1=2,100円
sim発行手数料 1995円

4.二段階プラン+スマホタダ割(合計7,450円)
ホワイトプラン基本使用料 980円✕(6-4)=1,960円
S!ベーシックパック 315円✕6=1,890円
パケット料
パケットし放題 for 4G LTE 2,100円✕6=12,600円
月々割 -1,710✕5=-8,550円

5.二段階プラン+銀sim化+スマホタダ割[月々割適用](合計 6,760円)
ホワイトプラン基本使用料 980円✕(6-4)=1,960円
S!ベーシックパック 315円✕6=1,890円
パケット料
<加入月>パケットし放題 for 4G LTE 2,100円✕1=2,100円
<加入月以降>パケットし放題S 390円✕6=2,340円
月々割 -1,710円✕5=-8,550円
sim発行手数料 1995円

6.二段階プラン+銀sim化[月々割非適用](合計 10,290円)
ホワイトプラン基本使用料 980円✕6=5,880円
S!ベーシックパック <加入月>315円
パケット料
<加入月>パケットし放題 for 4G LTE 2,100円✕1=2,100円
sim発行手数料 1995円

7.二段階プラン+みまもり化(合計 18,305円)
ホワイトプラン基本使用料 980円✕1=980円
みまもりプラン 490円×6=2,940円
S!ベーシックパック <加入月>315円
パケット料
<加入月>パケットし放題 for 4G LTE 2,100円✕1=2,100円
ホワイトプラン解除料 9,975円
sim発行手数料 1,995円

上のシミュレーションで間違いがあったら教えて下さい。
長くなってしまったので、4Sについては、また明日以降にまとめたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA