改めて学ぶソフトバンク その4 パケット定額サービス(スマートフォン)

これまでのまとめ

改めて学ぶソフトバンク その1 端末代金
改めて学ぶソフトバンク その2 料金プラン
改めて学ぶソフトバンク その3 パケット定額サービス(ガラケー)

今回は、パケット定額サービス(スマートフォン)についてまとめたいと思います。

ご存知のとおり、ソフトバンクでもLTEいわゆる4Gについて、サービスが開始されており、パケット定額プランも新しいものが設けられています。

パケットし放題フラットfor 4G(4G スマートフォン向けフラットタイプ)
パケットし放題 for 4G(4G スマートフォン向け二段階タイプ)
パケットし放題フラットfor スマートフォン(3G スマートフォン向けフラットタイプ)
パケットし放題S for スマートフォン(3G スマートフォン向け二段階タイプ)

なお、繰り返しになりますが、ソフトバンクのパケット定額サービスは新規契約及び解約時の場合は、すべて日割り計算になります。フラット系も二段階系も等しく日割りなので、覚えやすいですね。
そして、スマートフォンのパケット定額サービスは、フラットか二段階系統の2つのみです。
スマートフォンは、パケット定額サービスへの加入が必須であり、またいずれのサービスでも月々割がつきます。
参考:ソフトバンク 月々割、端末一括価格 一覧表(10月20日現在)

 ◯パケットし放題フラットfor 4G(4G スマートフォン向けフラットタイプ)
(月額5,985円→4Gスマホスタートキャンペーンで2年間 5,460円 2012年12月31日まで)
加入対象料金プランは、全プラン。
使い放題タイプの定額サービス。しかし、1ヵ月のデータ量が7Gバイトを超えた場合、請求月末まで通信速度が128kbpsに制限される。
バリュープラン(月々割の増額システム)の対象。パケットし放題 for 4Gと比べて更に高額の月々割がつく。

◯パケットし放題 for 4G(4G スマートフォン向け二段階タイプ)(月額2,100~6,510円
加入対象料金プランは、全プラン。
パケット単価0.0525円
二段階式パケット定額サービス。フラットと同様に1ヵ月のデータ量が7Gバイトを超えた場合、請求月末まで通信速度が128kbpsに制限される。
バリュープラン(月々割の増額システム)の対象。しかし、パケットし放題フラット for 4Gと比べて月々割が低くなる。

◯パケットし放題フラット for スマートフォン(3G スマートフォン向けフラットタイプ)(月額5,460円)
 加入対象料金プランは、全プラン。
使い放題タイプの定額サービス。S!ベーシックパック への加入が必要。
バリュープラン(月々割の増額システム)の対象。パケットし放題S for スマートフォンと比べて更に高額の月々割がつく。

◯パケットし放題S for スマートフォン(3G スマートフォン向け二段階タイプ)(月額390~5,985円
加入対象料金プランは、全プラン。
パケット単価0.0525円
二段階式パケット定額サービス。S!ベーシックパック への加入が必要。
バリュープラン(月々割の増額システム)の対象。しかし、パケットし放題フラット for スマートフォンと比べて月々割が低くなる。

上記2つの3Gスマートフォン向けサービスでも通信料の制限がかかることがあります。
条件等は、ソフトバンクのサイト本体を御覧ください。

さて、次は、いよいよiPhoneのパケット定額についてまとめたいと思います。
ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA