iPhone5へ持ち込み機種変更をした場合 case1ソフトバンク編

iPhone5の製造と供給が安定してきたため、市場にiPhone5の在庫がちらほらと出てきております。
また、一方、iPhone4sは各店でMNPで一括0円で手に入りやすい状況です。

そこで、比較的月月割、毎月割の金額が高いiPhone4sを利用して、安くiPhone5の白ロムを入手、ソフトバンクショップ持ち込み機種変更を行い、安めにiPhoneの運用できないか調べてみました。

本日は、まずソフトバンクのケースについて、ご報告します。

1.まず、持ち込み機種変更の可否及び費用
iPhone5を白ロムで入手し、ソフトバンクショップへ持ち込めば、iPhone 5用の「nano USIM」の発行をしてもらい、機種変更することは可能。
その際、 契約変更手数料として「税込3,150円」が発生する。

その際に2年縛りプランなどから、縛りが無いプランへ変更する場合でなければ、違約金や解約金等は発生しない。
また、「ホワイトプラン(i)」の利用期間は引き継がれる。

2.LTE向けプランへの変更が必要か?
iPhone 5では、「3G」対応機種の料金プランやパケット定額サービスを継続して利用することができない。
iPhone 5にて利用可能な料金プラン及びパケット定額サービスは下記の通り。

◆料金プラン
・ホワイトプラン(i)
・標準プラン(i)
・タイプX(i)
・タイプXにねん(i)

◆パケット定額サービス
・パケットし放題フラット for 4G LTE
・パケットし放題 for 4G LTE

3.月月割について
持ち込み機種変更の場合、iPhone 4Sの「月月割」は、手続きの前月をもって終了する。

とのこと。

結論としては、iPhone4sの月月割を利用してiPhone5を格安で運用することはできないようですね。

次の更新では、auのケースについてご報告したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA